おせちの重箱に詰められるものは

subpage-img

お正月に食べるお祝いの料理であるおせち料理の起源は、弥生時代と言われます。

おせちの情報を公開しています。

季節ごとの収穫を神様に感謝して供えたものを「節句(せっく)」と呼び、供えたものを豊かな収穫に感謝して食べた料理が節句料理で、この習慣が原型とされているのです。
奈良時代には、中国から伝わった五節句に由来する宮中行事として「節会(せちえ)」とよばれる宴が催され、この節会で振る舞われた料理は「御節句(おせちく)」と言われたため、省略されておせちと呼ばれるようになったと言われます。
江戸時代に入ると庶民の間にも、この行事が取り入れられるようになり広く親しまれるようになっていったのです。



おせちが重箱に詰められるようになったのは、昭和の終戦後でデパートで販売する際に、販促効果を高めるため見栄えも良く、コンパクトな重箱詰めを採用したためと言われます。

近年では四段のお重が一般的ですが、本来は五段で控えの重と呼ばれ中身は空なのです。

空の五の重には、年神様からもたらされる福が詰められるように、または来年さらに繁栄して、たくさん料理が詰められるようにという祈願を込めて空にしておくといわれます。
詰められる料理は地方によって違いがありますが、一の重にはおつまみになる祝い肴(黒豆、田作り、数の子、たたきごぼう)。



二の重には、口取り(紅白かまぼこ、伊達巻き、栗きんとん)などが詰められます。

三の重には海の幸、エビやブリ、鯛などの焼き物。
与の重には山の幸、レンコンや里芋、くわいなどの煮染めが入るのです。

top